はやり目(流行性角結膜炎)で学校,幼稚園,保育園は出席停止?

流行り目で出席停止!?

結論から述べますと、
学校(幼稚園含む)への出席は停止です。

 


 

なぜ出席してはいけないのか?

その理由は、
法律上、禁止されているから
です。

 

これは学校保険安全法という法律において、

 

「学校は集団生活を行う場であるため、感染症を起こした児童は出席停止にし、他の児童に感染を起こさないようにしましょう」

 

という目的のもと、定められているのです。

 

ここで言う「感染症」とは、「学校感染症」という指定された感染症を言います。

 

感染症と聞くと、インフルエンザ等、対象は色々とありますが、当ページでは、はやり目(結膜炎の一種)と、その他の種類の「結膜炎」に限った話をします。

 

なお幼稚園や保育園についても、学校保健安全法に準拠したかたちで行われています。


 

 学校感染症の対象となる結膜炎の種類

@流行性角結膜炎(はやり目)
A急性出血性結膜炎

 

上記の2つについては、くしゃみなどによる飛まつ感染はしませんが、集団生活においては流行を広げる可能性が高い感染症として指定されています。

 

医師が「もう感染しないだろう」と認めるまでは、出席停止となります。

B咽頭結膜炎

 

咽頭結膜炎は、触れたモノを介すだけではなく、くしゃみによる飛まつ感染の可能性も高いため、学校感染症に指定されています。

 

主要な症状(38℃〜40℃の高熱)が下がった後、2日間は登校禁止とされています。

 

上記の3種類以外は、法律上禁止されているわけではありません。
しかし、自分の結膜炎のタイプが不明な場合は、とりあえず学校を休み、眼科を受診しましょう。

 

流行性角結膜炎(はやり目)に関するよくある質問

よくある質問を、各ページでわかりやすくまとめております。
あわせてご確認下さい。

 

はやり目の症状・原因・治療・予防
はやり目に「潜伏期間」はあるの??
はやり目は「会社出勤」していいの?
はやり目は「眼帯」した方が良いの?
はやり目の「後遺症」ってどんなの?

 

《重要》これが一番大切!

そのため、初期の段階で「どのタイプの結膜炎なのか?」を判断するのは難しいとされています。

 

そこで、当サイトでは、
少しでも早く自分の症状を見極め、正しい治療を受けられるように、全タイプの症状や原因などを詳しく説明しています

 

「自分はウイルス性結膜炎のうち、どのタイプなのか?」
「そもそもウイルス性結膜炎なのか?細菌性?アレルギー性ではないか?」

 

そういった広い観点から、自分の症状がどのタイプに当てはまるのかを見極め、正しく治療をしましょう。


 

■ウイルス性結膜炎の種類
⇒@流行性角結膜炎(はやり目)の症状・原因・治療・予防
⇒Aプール熱(咽頭性結膜熱)の症状・原因・治療・予防
⇒B急性出血性結膜炎の症状・原因・治療
⇒Cヘルペス性結膜炎の症状・原因・治療

 

■細菌性性結膜炎
細菌性結膜炎の症状・原因・治療・予防

 

■アレルギー性結膜炎
アレルギー性結膜炎の症状・原因・治療・予防

 

■クラミジア結膜炎の種類
⇒@封入体結膜炎の症状・原因・治療・予防
⇒Aトラコーマの症状・原因・治療・予防



このエントリーをはてなブックマークに追加


結膜炎と角膜炎の違い ウイルス性結膜炎とは? 細菌性結膜炎とは? アレルギー性結膜炎とは? クラミジア結膜炎とは?