眼精疲労(疲れ目)解消目薬と一押しサプリ|目の疲れを取る方法

眼精疲労(疲れ目)解消目薬と一押しサプリ|目の疲れを取る方法

このページでは

 

眼精疲労(疲れ目)の処方薬
●眼精疲労におすすめの市販目薬
●眼精疲労におすすめのサプリメント
●眼精疲労に効くおすすめ情報

 

についてどこよりも分かりやすく説明します。


眼精疲労と処方目薬

まずは眼精疲労(疲れ目)の時に、病院で処方される目薬から紹介しましょう。

 

サンコバ点眼液

眼精疲労の点眼薬としては代表的なものです。
有効成分シアノコバラミンが配合されています。
副作用がほとんど無いので、アレルギー性結膜炎の人でも処方可能とされています。

 

ミオピン

目の周囲の血行を良くする有効成分ネオスチグミンが配合された目薬です。
特にピント調整機能の改善に効果的です。

 

ヒアレイン点眼液

眼精疲労の原因がドライアイにある場合に処方される目薬です。

 

保湿成分ヒアルロン酸が配合されており、目の表面を乾燥から保護します。

 

ムコスタ点眼薬

ヒアルロン酸でも改善しないドライアイの場合、涙の成分の一つであるムチンが欠乏していることが考えられます

 

ムコスタ点眼薬はムチンを配合した目薬でとろみがあり、長時間眼球表面を覆って乾燥を予防してくれます

 

 

では続いて、
「オススメの市販目薬について説明しましょう。


眼精疲労(疲れ目)にオススメの市販目薬

では次に、眼精疲労にオススメの市販目薬について紹介しましょう。

 

ロートV11(ロート製薬)

医療用医薬品の「ミオピン」にも配合されている ”ネオスチグミン” と、その働きをサポートする ”ビタミンB6” をはじめとした11種類の有効成分が配合された目薬です。

 

眼精疲労からくるピント調整機能障害の改善に効果があります

 

 

サンテメディカル10(参天製薬)

こちらも ”ネオスチグミン” を中心として、目に良いとされている成分を10種類配合した眼精疲労治療薬です。

 

 

ソフトサンティア ひとみストレッチ(参天製薬)

市販薬の中ではネオスチグミンが最大量含有されています

 

医療用医薬品に匹敵する効果があるとされているため、セルフメディケーション用に最適です。

 

 

ロートデジアイ(ロート製薬)

パソコンやスマートフォンのモニターから放出される ”ブルーライト” は眼精疲労の直接的な原因と考えられています。

 

このブルーライトによる角膜へのダメージを軽減することに着目して開発された目薬です。

 

特に仕事でパソコンやタブレット端末などを長時間見る人におすすめです。

 

 

養潤水(ロート製薬)

目の潤いを保護する成分 ”ヒアルロン酸” が配合されています。

 

傷ついた目の機能は寝ている間に修復されることに着目して開発されました。

 

したがって寝る前に使うのが効果的です。

 

ドライアイ対策としてもおすすめです。

 

 

涼眼12(久光製薬)

目に良いとされる12の成分が配合されている、目の総合ケア用目薬です。

 

眼精疲労やドライアイ、涙目の予防改善に効果的です。

 

 

 

 

では続いて
眼精疲労にオススメのサプリメント」を紹介しましょう。


眼精疲労(疲れ目)にオススメのサプリメント

眼精疲労に良いとされるサプリメントには、以下のようなものが販売されています。

 

アスタブライト(Naturath)

千代田薬品より販売されているこの商品。

 

ブルーベリーの約12倍のアントシアニンを含むと言われている ”マキベリー” に、保湿成分である ”アスタキサンチン” までもを配合したサプリメントです。


 

えがおのブルーベリー(えがお)

疲れ目解消に効果のあるとされている ”アントシアニン” を豊富に含むビルベリー(ブルーベリーの一種)に、目の角膜保護成分であるDHAヒアルロン酸コラーゲンコンドロイチンを配合したサプリメントです。

 

ブルーベリーアイ(わかさ生活)

北欧産ビルベリーを高濃度で配合したサプリメントです。

 

世界初の特許技術「ナノビルベリー」の開発で、有効成分の吸収率の大幅アップに成功したサプリメントです。

 

 

 

《眼精疲労に関するオススメ記事》

【眼精疲労の症状・原因・治療】
眼精疲労(目の疲れ)の原因と治療!疲れ目の症状はめまいなど

【眼精疲労に効くツボ11種
眼精疲労(疲れ目)を回復させるツボ!|目の疲れとマッサージ



このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 


結膜炎と角膜炎の違い ウイルス性結膜炎とは? 細菌性結膜炎とは? アレルギー性結膜炎とは? クラミジア結膜炎とは?