【角膜炎】病院で処方される目薬と、オススメ市販目薬!

【角膜炎】病院で処方される目薬と、オススメ市販目薬!

このページでは

 

●角膜炎の時に処方される目薬
●角膜炎にオススメの市販目薬

 

についてわかりやすく説明させて頂きます。


角膜炎の時に病院で処方される目薬について

角膜炎では、原因によって治療法が変わりますが、

 

一般的にはそれぞれの原因に合わせた「点眼薬」を用いて、症状を緩和する “対症療法” を目的とした治療

 

が行われます。

 

では、ここから「角膜炎」の原因別に処方される点眼薬について紹介します。

 

●「感染」による角膜炎
⇒抗菌目薬(点眼用エリコリT、ベストロン点眼用0.5%など)

 

●「アレルギー」による角膜炎
⇒抗アレルギー点眼薬(パタノール点眼液0.1%、リボスチン点眼液0.025%など)

 

●「生活習慣やストレス」による角膜炎
⇒ドライアイ用点眼薬(ヒアロンサン点眼液0.1%、ヒアレイン点眼液0.1%など)

 

⇒眼精疲労用点眼薬(ビタコバール点眼液0.02%、サイプレジン1%など)

 

⇒抗炎症点眼薬(リンデロンA液点眼用、ブロナック点眼液など)

 

●「免疫力の低下」による角膜炎
⇒抗炎症点眼薬(リンデロンA液点眼用、ブロナック点眼液など)

 

⇒抗菌目薬(点眼用エリコリT、ベストロン点眼用0.5%など)

 

では続いて、「角膜炎にオススメの市販目薬」について紹介しましょう。


角膜炎にオススメの市販目薬!

角膜炎の原因が

 

・ドライアイ
・疲れ目(眼精疲労)

 

によるものの場合は、市販目薬による対処も可能です。

 

 ドライアイによる角膜炎の場合

新ロート ドライエイドEX

 

参天製薬 ソフトサンティア

 

疲れ目による角膜炎の場合

ライオン スマイル40プレミアム

 

参天製薬 サンテFXVプラス

 

ただし、原因が感染症や外傷によるものの場合は、きちんと眼科に行って治療を受けた上で適切な目薬を処方してもらう必要性があるため、目の違和感や痛み、充血が重い場合は眼科を受診するようにしてください。

 


 

あわせてご確認ください!

角膜炎とは?症状・原因・治療や、角膜炎の種類を知ろう!

 


結膜炎と角膜炎の違い ウイルス性結膜炎とは? 細菌性結膜炎とは? アレルギー性結膜炎とは? クラミジア結膜炎とは?