結膜下出血(眼球出血・白目出血)を早く治すオススメ市販目薬

結膜下出血(眼球出血・白目出血)を早く治すオススメ市販目薬

このページでは

 

●結膜下出血にオススメの市販目薬
●結膜下出血の原因や治療

 

についてわかりやすく説明します。


目薬は使うべき?

よくある質問の一つに

 

「結膜下出血の時に目薬はさすべきか?」

 

という質問がありますが、基本的には「出血を止めるために目薬をさす必要性はありません」という回答になるでしょう。

 

なぜなら結膜下出血では、そのほとんどが一時的な出血を起こしているだけであり、自然治癒していくことが多いからです。

 

しかし、慢性的な

 

・疲れ目
・ピントフリーズ現象
・ドライアイ

 

などが原因で、(眼の神経や毛細血管が弱くなり、)出血が起こっている場合は、こうした症状を和らげる作用がある以下の目薬を日頃から適切に使うことをお勧めします。

 

ちなみに!
「早く出血を治す方法はありますか?」という問も多いのですが、残念ながら溜まった血を早く取り去る方法はありません
(通常1〜2週間で自然と吸収されます)

 

少しでも早く止まれば、結果的に早い治癒には繋がります。


 結膜下出血にオススメの市販目薬

さて、前置きが長くなってしまいましたが、

 

・疲れ目
・ピントフリーズ現象
・ドライアイ

 

などが原因の結膜下出血にオススメの市販目薬を紹介しましょう。

 

サンテ40シリーズ(参天製薬)

 

新ロートドライエイドEX(ロート製薬)

 

ロートCキューブプラスモイスト(ロート製薬)

 

サンテメディカル10(参天製薬)

 

 

さて、疲れ目やドライアイは、結膜下出血の原因として最も頻度の高いものです。

 

症状が強い、もしくは繰り返す場合には眼病以外の原因(脳の病気や生活習慣病、神経の病気)も考えられます。

 

 

そのため、定期的に眼科検診を受けるか、早い段階で眼科を受診しましょう。

 

では続いて、
「結膜下出血とは?原因と治療」について説明しましょう。


結膜下出血とは?原因と治療 

ページが長くなるため、
別ページでまとめました。

 

結膜下出血(白目出血)の原因と治療|繰り返す原因【写真有】


このエントリーをはてなブックマークに追加


結膜炎と角膜炎の違い ウイルス性結膜炎とは? 細菌性結膜炎とは? アレルギー性結膜炎とは? クラミジア結膜炎とは?