結膜炎は目やにの色で、はやり目や細菌性結膜炎等がわかる?

目やにがたくさん出る時に疑われる結膜炎とは?

このページでは、

 

目やにが良く出るタイプの結膜炎と、その違い
●結膜炎の治療するポイント

 

についてどこよりもわかりやすく説明します。


 目やにが良く出るタイプ!?

結膜炎には色々な種類が存在します。

 

その種類を大きく分けると

 

@ウイルス性結膜炎
A細菌性結膜炎
Bアレルギー性結膜炎
Cクラミジア結膜炎

 

の4つに分けられます。

 

さらに「@ウイルス性結膜炎」は、

 

@はやり目(流行性角結膜炎)
Aプール熱(咽頭結膜熱)
B急性出血性結膜炎
Cヘルペス性結膜炎

 

に分けられます。

 

ややこしいので一旦まとめると、

 

■ウイルス性結膜炎
 @はやり目(流行性角結膜炎)
 Aプール熱(咽頭結膜熱)
 B急性出血性結膜炎
 Cヘルペス性結膜炎
■D細菌性結膜炎
■Eアレルギー性結膜炎
■Fクラミジア結膜炎

 

の7種類に、結膜炎は分けられます。

 

結膜炎では、どれも涙が多くでるため目やにが増えますが、特に目やにが出やすいと言われるのが、

 

@はやり目
Aプール熱
B急性出血性結膜炎

 

です。

 

この3つの結膜炎の特徴としては、

 

●朝起きた時に目が開かなくなるほど目やにが出る
●糸を引くような白くネバッとした目やにが出る

 

という点が挙げられます。

 

■ちなみに!
結膜炎の場合、そのほとんどが「はやり目」と言われています。
流行性角結膜炎(はやり目)の症状・原因・治療・予防法!

 

また、D細菌性結膜炎では、黄緑色の膿っぽい目やにが出るという特徴があり、Eアレルギー性結膜炎では、涙っぽいサラサラの目やにが出るという特徴があります。

 

では次に「治療のポイント」について説明します。


《重要》これが一番大切!

結膜炎には、さまざまな種類が存在します。

 

そのため、初期の段階で「どのタイプの結膜炎なのか?」を、素人が判断するのは難しいとされています。

 

そこで、当サイトでは、
少しでも早く自分の症状を見極め、正しい治療を受けられるように、全タイプの症状や原因などを詳しく説明しています

 

「自分はウイルス性結膜炎のうち、どのタイプなのか?」

 

「そもそもウイルス性結膜炎なのか?細菌性?アレルギー性ではないか?」

 

そういった広い観点から、自分の症状がどのタイプに当てはまるのかを見極め、正しく治療をしましょう。


 

■ウイルス性結膜炎の種類
⇒@流行性角結膜炎(はやり目)の症状・原因・治療・予防
⇒Aプール熱(咽頭性結膜熱)の症状・原因・治療・予防
⇒B急性出血性結膜炎の症状・原因・治療
⇒Cヘルペス性結膜炎の症状・原因・治療

 

■細菌性性結膜炎
細菌性結膜炎の症状・原因・治療・予防

 

■アレルギー性結膜炎
アレルギー性結膜炎の症状・原因・治療・予防

 

■クラミジア結膜炎の種類
⇒@封入体結膜炎の症状・原因・治療・予防
⇒Aトラコーマの症状・原因・治療・予防


このエントリーをはてなブックマークに追加


結膜炎と角膜炎の違い ウイルス性結膜炎とは? 細菌性結膜炎とは? アレルギー性結膜炎とは? クラミジア結膜炎とは?