ものもらい(めばちこ)の手術内容と流れ!|麦粒腫・霰粒腫の専門

ものもらいの手術内容と流れ

このページでは

 

手術の内容と流れ

 

についてどこよりもわかりやすく説明します。

 

ものもらいの手術はあまり一般的に知られていませんが、最終手段として切開することがあります。

 

是非当ページで、その流れを知る参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

ものもらいの種類と手術の流れ

まず、ものもらい(関西呼称:めばちこ)は大きくわけると

 

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
菌が感染して膿がたまった状態

 

霰粒腫(さんりゅうしゅ)
脂がたまった状態(感染を伴う:化膿性霰粒腫)

 

の二種類に分けられます。

 

このうち一般的に言われる「ものもらい」は麦粒腫です。

 

麦粒腫の場合、目薬や内服薬を使用することで10日もあればほぼ完治しますが、膿が溜まりすぎた場合に限り、切開手術により膿を取り除くこともあります。
(切開の大きさは症状により異なります)

 

一方、霰粒腫の場合、基本は「放置」による自然治療ですが、長年治まらない場合は、まぶたを切開し、中の脂や肉のシコリを取り除く必要があります。

 

では、本題です。

スポンサーリンク

 

手術の内容と流れ

 

ステップ@:炎症を抑える
麦粒腫の場合、もしくは化膿性霰粒腫の場合は、細菌による炎症が起きている状態です。

 

炎症が起きている場合は、麻酔が効きにくく、治りが悪くなります。

 

そのため、まずは目薬、軟膏、内服薬(抗炎症剤や消炎鎮痛剤など)により炎症を抑えます。

 

膿が多く溜まっている場合は、注射もしくは、小さな切り口を作り、膿をなるべく排出します。

 

なお、麦粒腫の場合は「しこりの摘出」が目的ではないため、この段階で膿が出切れば様子をみます。

 

 

ステップA:麻酔をする
@にて炎症が引いた場合、いよいよ霰粒腫の元となるシコリの摘出に入ります。

 

摘出に先立って、まずは目薬による麻酔を行います。

 

麻酔自体はまぶたに打つため多少の痛みがありますが、この麻酔が効けば、切開時はほぼ痛みを感じません。

 


 

ステップB:切開ラインをマークする
切開の基本はまぶたの上からです。

 

まぶたを裏返して結膜側から切開する方法もありますが、しこりの範囲を見て摘出できないため、取り残しが起きやすいのです。

 

その場合、一時的にシコリが小さくなりますが、数ヵ月経てば同じ部位に再度シコリが発生し、何度も手術を繰り返すことになります。

 

そのため、基本は「瞼の上」から切開します。
傷跡が残る事を不安がる方も多いと思いますが、二重のラインやシワにそって切開することで目立たなくなります。(各々の体質や、医師の腕にも左右されます)

 

 

ステップC:切開と縫合
顕微鏡を使い、ラインに沿って切開します。

 

シコリと、可能であれば皮膜(シコリを包む皮)を摘出します。

 

摘出が済むと切開部を縫合します(1糸〜3糸程度と言われます)。

 

手術自体は、シコリの大きさにもよりますが15分〜30分程度で終了します。

 

<参考動画>少しグロテスクな映像なため、苦手な方は視聴をお控えください。

 

ステップD:手術後
手術当日は、眼帯をして帰宅します。

 

帰宅後は無理に眼帯を付け続ける必要はありません。
(参考:ものもらいに眼帯は必要?)

 

翌日もしくは翌々日には経過診察をし、3日後以降に抜糸を行います。

 

なお、白目部分に血がにじむ(球結膜下出血)ことや、まぶたが青タンのように青黒くなることもありますが、時間と共に薄れるので基本的には問題ありません。

 

 

最後に!

ものもらいを治す上で大切なことは、なるべく早い段階で

 

・麦粒腫なのか?
・霰粒腫なのか?
・化膿性霰粒腫なのか?

 

を見極めることです。

 

通常は麦粒腫で手術が必要になるほどの悪化はしにくいですが、適切な処置をせずに炎症が続いた場合は、その可能性があります。

 

10日ほど経っても治らない場合は、一度眼科で診てもらうことをオススメします。


 

<あわせてご確認ください!>
●ものもらいの種類を確かめる!
麦粒腫、霰粒腫の症状・原因・治し方の違い!
 
●色々な注意点を知る!
ものもらいはうつる?眼帯は必要?
ものもらいは「冷やす?」「温める?」
コンタクトはして良いの!?
化粧はして良いの!?
つぶすのは危険なの?
ストレスとものもらいは関係ある!?
自然治癒するって本当なの!?
プールには入っても大丈夫!?
 
<あわせてご確認ください!>
病院処方の目薬を知ろう!

手術の内容と、流れを知ろう!
ものもらいの原因、マイボーム腺とは?

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

 


ブックマーク
ブックマーク
「ものもらい」とは?
ものもらいの症状・原因・治し方を知ろう!
ものもらいの時の注意点!
ものもらいの手術内容と流れ

ものもらい用の「目薬」について
オススメの「市販目薬」はコレ!
病院処方のものもらい目薬について
「治らない!」なかなか治らない理由!
「うつる」ことはある?「眼帯」は必要?
「マイボーム腺」っていったい何!?

「ストレス」は、ものもらいの原因!?
「冷やす」「温める」どちらが良い?
「下まぶた」にももらいものが出来る!?
「コンタクト」はものもらいの原因か?
「化粧」でものもらいは悪化するの??
「膿」がたくさん溜まるのですが・・
「しこり」の正体はいったいなに?
「つぶす」のは危険なの?
「めいぼ」ってなに!?
「切開」?ってどんなことするの!?
「めばちこ」ってなに!?
「自然治癒」って本当にするの?
「プール」に入っても問題ない!?


結膜炎と角膜炎の違い ウイルス性結膜炎とは? 細菌性結膜炎とは? アレルギー性結膜炎とは? クラミジア結膜炎とは?