ものもらい(めばちこ)に膿が溜まる原因とは?麦粒腫と霰粒腫

ものもらいに膿が溜まる??

ものもらい(関西呼称:めばちこ)に膿が溜まる理由、
それはアナタの「ものもらい」のタイプが、
膿が溜まるタイプのものもらいだからです。

 

もう少し分かりやすく、詳しく説明します。


 

ものもらいに膿がたまる理由!

ものもらいは以下のタイプに分かれます。

 

・麦粒腫(ばくりゅうしゅ)⇒細菌により発症し、膿が溜まるタイプ

 

・霰粒腫(さんりゅうしゅ)⇒マイボーム腺に脂が詰まり、瞼に脂が溜まるタイプ(この時に細菌感染したものは化膿性霰粒腫)

 

 細かくわけると3タイプということが分かると思いますが、このうち2タイプ(麦粒腫化膿性霰粒腫)は細菌により炎症を起こし、膿が溜まるタイプです。

 

このように、菌により引き起こされる炎症は膿を伴いますが、抗菌作用のある目薬や内服薬により、早期に治まることがほとんどです。

 

また、時間の経過と共に、この膿は皮膚上、もしくは瞼の裏から排出されます。

 

まれに膿が溜まり過ぎた場合に限って、切開手術により膿を排出します。

 

なお、仮に化膿性霰粒腫の場合は、殺菌により炎症が治まった場合も、瞼の中に脂やシコリが残ります。
(さらに詳しい説明:ものもらいの症状)


 

<あわせてご確認ください!>
●ものもらいの種類を確かめる!
ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)の症状・原因・治し方
 
●色々な注意点を知る!
ものもらいはうつる?眼帯は必要?
ものもらいは「冷やす?」「温める?」
コンタクトはして良いの!?
化粧はして良いの!?
つぶすのは危険なの?
ストレスとものもらいは関係ある!?
自然治癒するって本当なの!?
プールには入っても大丈夫!?
 
<あわせてご確認ください!>
病院処方の目薬を知ろう!

手術の内容と、流れを知ろう!
ものもらいの原因、マイボーム腺とは?



このエントリーをはてなブックマークに追加


ブックマーク
ブックマーク
「ものもらい」とは?
ものもらいの症状・原因・治し方を知ろう!
ものもらいの時の注意点!
ものもらいの手術内容と流れ

ものもらい用の「目薬」について
オススメの「市販目薬」はコレ!
病院処方のものもらい目薬について
「治らない!」なかなか治らない理由!
「うつる」ことはある?「眼帯」は必要?
「マイボーム腺」っていったい何!?

「ストレス」は、ものもらいの原因!?
「冷やす」「温める」どちらが良い?
「下まぶた」にももらいものが出来る!?
「コンタクト」はものもらいの原因か?
「化粧」でものもらいは悪化するの??
「膿」がたくさん溜まるのですが・・
「しこり」の正体はいったいなに?
「つぶす」のは危険なの?
「めいぼ」ってなに!?
「切開」?ってどんなことするの!?
「めばちこ」ってなに!?
「自然治癒」って本当にするの?
「プール」に入っても問題ない!?


結膜炎と角膜炎の違い ウイルス性結膜炎とは? 細菌性結膜炎とは? アレルギー性結膜炎とは? クラミジア結膜炎とは?